×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

がん治療の最新

がん治療の最新

がん治療の最前線は?
診断法と治療法が大きく進歩
早期発見でがんは治る病気に

  

がん治療の前に

依然、日本人の死因のトップを占めるがん。毎年30万人以上の人が、がんで死亡しています。がんはまだ不治の病なのか?がん治療はどうなっているのか?

がん治療も進歩しています。しかし、発見が遅れれば転移などにより、がん治療しても80%以上の人が死んでしまいます。
しかし、がんの大きさが1cm位の早期で、がんを治療すれば、完治率は逆に80%くらいに上がると言われています。

がん治療は早期発見により、現在では治る病気になりつつあります。
がんの治療には、まず診断が大切ですが、最近注目される診断法に「PET]があります。「PET」とは、「ポジトロン断層撮影法」のことで、がん細胞がブドウ糖を多く消費する性質があるのを利用し、ブドウ糖に特殊加工した検査薬を体内に注射して、特殊撮影してがんを見つけるという方法です。

PETの検査では、1回で全身の検査ができるメリットがあり、従来の方法に比べ発見率は10倍以上であると言われています。
最新の検査でがんを早期発見すれば、がんの治療の完治率も上がるわけです。

* PETは大きな病院で導入するところが増えつつあるようです。

最新がん治療1

がんの内、脳腫瘍については、「ガンマナイフ」という装置が治療成績を上げています。

これは、ガンマ線という放射線を病巣部に集中照射して、これまでのがん治療では不可能
とされていた深部の病巣でも、切れ味の鋭い治療効果をあげられるものです。

切らずに治すがん治療と注目されています。痛みも副作用もなく、患者にも負担の少ない
ガン治療法といえます。

最新がん治療2

従来のがん治療は「外科療法」「放射線療法」「化学療法」が3本柱でしたが、最先端のがん治療法として「陽子線治療」があります。来年2008年の10月に福島県に民間病院
初の陽子線治療センターがオープンする予定です。

陽子線治療は、陽子(原子核)を光速近くまで加速して、がんに照射して、がん細胞を
破壊するもので、病巣のみをピンポイントで狙い撃ちし、正常細胞は傷つけません。
照射は1〜2分で副作用もなく、切らずに苦痛もなく、外来で治せる理想的ながん治療
と期待されているものです。

陽子線が有効ながんは現在のところ、前立腺・肝がん・肺がん・頭部頚部のがんなどです。これから他のがんへの適用拡大が期待されています。

がん予防の心がけ

がん治療の効果が上がりつつあるのは、大変喜ばしいことですが、がん治療よりもまず、がんにならないよう予防することが大切です。
がんにならないための心得をあげましょう。

1.食事はバランスのとれた栄養を。ビタミン・繊維質も摂る。

2.食べすぎをせず、脂肪分は控え目に。

3.お酒はほどほどにする。

4.タバコはできれば止める。

5.食物の焦げた部分はなるべく食べない。

6.カビの生えたものは食べない。

7.塩気の強いものを摂り過ぎない。

8.日光の当たりすぎに注意。

9.ストレスをためない。

がん治療の進歩で、がんを撲滅できる日が来ることを願っております。

地デジってどうすればいいの?/レトルトのカレーグルメ/抗がん剤とは/八ヶ岳、アウトレット&自然/草津温泉の楽しみ/
肩こりのツボ//肩こり解消法//家電販売のお得情報//キッザニア東京で遊ぶコツ/激安、アウトレットin楽天市場/
アトピーには漢方//ダイエット方法の基本//軽井沢、アウトレットと自然/グラビアアイドルカレンダー2008//ゴキブリを駆除する/
高度先進医療/アディダスのジャージ、シューズ、バッグ情報/熱海へ日帰り温泉/目たるみ、目のたるみ対策/
お取寄せスイーツがうまい/
相互リンク・SEO相性占いSEO 忍)ブログホームページアクセス解析カウンター全部無料で!!

Copyright (C) 2006 All Rights 社会・経済情報ページ Reserved.